ブログ

学校ブログ

5月13日の給食

5月13日の給食は、

・ご飯

・牛乳

・春雨サラダ

・白味噌汁

でした。鶏肉とかぼちゃの揚げ煮は、材料を切ってから素揚げし、味付けをしてから煮付けるという手間のかかった一品です。しっかり味が染み込んでいて、満腹になりました。

0

5月17日の給食

5月17日(月)の給食は、

・たけのこご飯

・牛乳

・鮭の銀紙焼き

・ひじきサラダ

・小松菜とエリンギのスープ

です。

鮭の美味しさで、ご飯がもりもり進みます。

0

総合が始まります

いよいよ総合がはじまります。

おととしは、豊かに根ざす村で本気で取り組む総合

去年は、オンライン文化祭でした。

さて、今年はどんな総合になるのでしょうか。

0

わたしの枕草子 2年生国語 その1 風をモチーフにしたA君

写真の冊子が職員室に回覧されていました。

とても素晴らしいできばえなので、毎日1人の予定で紹介します。

 

春は優しい風。やうやう色づいてくる桜は、ひらひらと風に乗り、桃色のしずくが降るもをかし。

夏は暴風。台風のことはさらなり。渦もなお、やうやう大きくなる。また、台風の次の日の快晴もをかし。熱風などはわろし。

秋は秋風。最初は残暑がありしだいに心地よくなり夕方になるにつれて、虫の鳴くのが耳に響くのがをかし。また風鈴が鳴るもをかし。

冬は冷風。風の強弱が激しく弱い時は、雪がひらひらとするのがをかし。また強い時は、吹雪になるのがわろし。

0

ICT教育の工夫

ちょうど昨年の今頃、コロナ禍でオンライン授業が始まりました。

今年も、コロナ禍の状況は変わっていませんが、

  • 学校教育の場では、ウイルス対策がしっかり行われている。
  • 臨時休業にすることの方が、子どもたちにとってよくない環境である。

という考えで、今年は対面の授業を実施しています。幸せを感じています。

 

そんな中で、文部科学省のギガスクール構想では、「アフターコロナでもオンライン授業を」という指針もあり、本校では、次の点について積極的にオンライン授業の仕組みを活用しています。

  • 遠方の外部指導者の講演
  • 指導の先生が、鳳来寺自然科学博物館等から配信
  • 数学等の授業をZOOMで録画して、自宅で復習

特に、3番目については、家でもう一度授業が復習できるため、何人かの生徒が録画を活用しています。数学の学力向上の効果がかなりあるため、今後、鈴木先生が各方面に報告する予定です。

(教室の片隅に、配信機材のビデオカメラと配信機器)

※配信機器については、本校が率先して導入して利用していたため、昨年度、この会社のセミナーで豊根中の活用を発表しています。この機器があれば、ビデオ配信が格段に向上するという実績をもとに、広く知っていただきたいため、セミナーでの講演を無償で引き受けました。ご興味のある方はご覧になってください。youtuberも使っている製品です。

0

一週間の終わりの金曜日

木曜日は部活動がないため、生徒は金曜日の部活動をたいへん楽しみにしています。

朝、ランニングをしているのですが、夕方は弓道部も運動場を走っていました。

ランニングを終えて戻ってくる弓道部(剣道部はすでに終えてブランコ遊び)

一週間お疲れさまでした。笑顔で自宅に帰れそうです。

 

0

沖縄語学研修について

旅行社と交流予定のOKINAWA INTERNATIONAL SCHOOLと、日程や活動調整をしています。

先ほど、知念理事長様(中等部高等部の校長先生)と、電話でもお話をしました。

以下のような素晴らしい学校と交流できそうです。まずは、一報まで。

 ※沖縄県で唯一国際バカロレアに認定されている、南城市にある国際的な取組をしている学校です。

 ※以下をクリックするとつながります。

OKINAWA INTERNATIONAL SCHOOL

〒901-0611 沖縄県南城市玉城富里143番地

098-948-7711 098-948-7722

オキナワインターナショナルスクール

0

寄稿「杭州の生活」 髙森彦輝先生

豊根中に在籍していて、杭州日本人学校に派遣されている髙森先生の原稿を紹介します。


至るところにQRコード

 朝、自宅を出る時に確認するもの。それがスマホです。日本にいるときは携帯を不携帯していることがよくありました。でも中国に来てからは肌身離さず持ち歩いています。中国ではスマホアプリでの決済が盛んです。とくに杭州はネット関連企業アリババグループの本社があることもあり、キャッシュレス化が進んでいます。アリペイ(支付宝)というアプリがよく利用されており、生鮮食品の購入、携帯の支払い、タクシーの手配、旅行の予約、ガスなど公共料金の支払い、出前の注文など様々なサービスの入り口になっています。コロナ禍以降、健康状態を確認するため、健康コードの提示が求められるようになりましたが、これもアリペイから開きます。地下鉄やバスに乗るときは今でもこれを見せています。お金を支払うときは、アリペイのQRコードをスマホに表示して読み取ってもらいます。ご飯を食べに行くと、テーブルにQRコードがあります。スマホで読み取るとメニューが表示され、注文ができるようになります。観光地の入場券売り場にもQRコードがあります。なんでもスマホでできてしまう中国ですが、電池が切れると大変です。電池の消耗も激しいので、携帯バッテリーが必需品になりました。

過去と未来が同居する街

 市内を流れる京杭大運河は、北京と杭州を結ぶ巨大な運河です。造られたのは今から1000年以上も昔のことですが、陸や空の交通が発達した現在でも使用されており、土砂や石材を満載した巨大な運搬船が頻繁に行き来しています。運河沿いは遊歩道が整備されており、人々が集う場所となっています。スピーカーで音楽を流しながら、おそろいの衣装でダンスの練習をする一団やバスケットボールを楽しむおじさん達、ランニングをする若者などに出会います。釣り糸を垂らしている人や網をうって魚をとっている人も見かけます。運河を進む水上バスに乗ると、見事な彫刻が施された石造りの橋や昔ながらの面影を残す町家に歴史を感じます。その一方で、奇抜な形のビルや高層ビルが目に入ります。市内では至るところで、建物の建築や地下鉄の拡張のための工事が行われており、街の成長のエネルギーを感じます。


杭州日本人学校の子どもたち
 杭州日本人学校には、幼稚部から中学部まで合わせて40名ほどの園児児童生徒が通っています。規模は中国で一番小さい学校ですが、少人数を生かしたきめ細かな教育が行われています。全校の縦割り班である杭州っ子班での活動や、幼稚部から中学生までが一緒になっての運動会や集会などがあり、温かい雰囲気の中で、のびのびと元気に活動をしています。また、テルモ、横浜タイヤ、パナソニックなど、杭州に工場をかまえる日系企業に協力していただいての校外学習では、人の手によるものづくりの様子を知ることができる貴重な機会となっています。修学旅行では、中国の国内を飛行機や高鉄(日本でいう新幹線)で移動し、世界的な遺産を見学します。今年は予定していた北京には行けませんでしたが、日程を工夫し、古都南京で修学旅行を行うことができました。今年度文科省の助成を受けて、各教室に70インチの電子黒板と児童生徒用のタブレット端末、デジタル教科書を整備しました。電子黒板は中国の学校でも積極的に活用されており、それらの事例も参考にしながら、ICTを活用した教育にも積極的に取り組んでいます。

0

5月10日(月)の給食

昨日の給食は、

・ソースカツ丼

・牛乳

・切り干し大根とたもぎたけの旨煮

・白はんぺんのすまし汁

でした。

「たもぎたけ」はあまり聞きなれませんが、調べて見ると、都市部では幻のキノコと言われているそうです。深い森の奥でしか収穫できず、産地近辺で消費されるため、なかなか出まわらないようです。健康維持や美容維持に効果があるそうです。

0

全学年 進路を考えよう

1時間目は、進路適性検査を全学年で行いました。

今後の進路に向けて、自分はどの進路が向いているのか、自分たちで客観的に見れるように、毎年この時期に行っています。

この検査を元に、今後の進路について考えていきます。

どんな結果が返ってくるか、楽しみです。

0

1時間目は全学年とも道徳でした

2年生は防犯カメラの話題からスタートしていました。「住みよい社会に」というテーマです。

3年生は「埴生の宿」という題材でした。副担任の先生が指導していました。後ろで担任の先生が見守っていました。前日、夜遅くまで計画を練って、授業が終ってからも、担任と副担任とで振り返りをしていました。

1年生は新幹線の車内掃除の動画を見てました。とても真剣な眼差しです。

従業員の方々の仕事に対する誇りを感じました。

 ※学校から支給されたiPadで動画を撮影し、豊根中学校のグーグル個人アカウントで動画をアップしています。

 

0

社会では・・・

写真は1年生ですが、調べ学習と発表の時間を設定し、自分の好きなテーマを1つ選んで、資料を使って発表しているそうです。

生徒は、「難しいけど楽しい」と、振り返っており、主体性や思考力が伸びると、先生は分析しています。

0

ICTの使い方を生徒に学ぶ

先日、中日新聞の一面に、「学校のタブレットが家でゲーム機になっている」という報道がされていました。

豊根中の場合は、情報モラル教育が行き届いていますし、保護者の方々も先生方もきちんと見守っていますので心配はなさそうです。

 

家庭科では「健康によい食習慣について理解しよう」という授業を進めたところ、さっそく生徒が、休日に作った食事をタブレットで撮影して家庭科の先生に送ったそうです。さすがです。

授業中も、タブレットの活用は自由「個別最適な学びをICTでも」

0

5月6日(木)の給食

5月6日(木)の給食は、

・ご飯

・牛乳

・鯉のぼりハンバーグ

・ささ身ときゅうりのサラダ

・味噌汁

・柏餅

でした。

ハンバーグにかかっているケチャップは、豊根村のトマトが使われたものです。

ハンバーグも鯉のぼり型になっていて、献立作成の配慮が行き届いています。

 

うちに帰ってからも柏餅があるという生徒がいました。幸せですね。

今日は3年生の給食の風景です。

0

5月1日よりスタート!

5月1日からスタートすることが2つあります。

<とよね健康マイレージ>

昨年度の豊根中生徒の取り組みは大変充実していました。ぜひ、景品目当てだけでなく、心と体の健康のために、友達同士、家族とともに声を掛け合って取り組みたいものです。

<さわやかエコスタイルキャンペーン>

 官公庁を中心に、今年も明日から軽装、ノーネクタイになります。豊根中の先生たちは、生徒と同じポロシャツを着用する先生が増えることになるかと思います。

 ご了承ください。

 これに伴って、6月10月が普通だった衣替えについても、昨年度から柔軟に対応しています。

 

生徒の皆さんへ

SDGsにも関係あります。なぜでしょう?

ヒント その1

  春夏秋冬という季節の区切りがあるのが日本でしたが、最近は、夏か冬しか無くなってきた、と言われています。

ヒント その2

  服装で暑さ寒さ対策をすることによって、どんなメリットが生じるでしょうか。

0

朝の駅伝練習

 毎週金曜日は、駅伝練習の日です。

 昨日が大雨で、グラウンドが使えなかったので、体育館で動きづくりのドリルをしました。

 1年生は、動きづくりのドリルは初めて。3年生に見本を見せてもらいながら、活動をしていました。

 また、より良い活動になるよう、地域の方を外部講師としてお招きしています。

 秋の本格的な駅伝練習までにしっかり体力をつけたいですね!

0