ブログ

カテゴリ:コミュニティ・スクール

コミュニティ・スクール文化「ミニ芋煮会」

芋煮会といえば、茶臼山観光の名物になりつつあります。

茶臼山第8回いも煮会の様子

コロナ禍の中ですが、希望者を精選して、20日の4時下校後、いも煮会が行われます。

希望者はぜひ、本部長まで申し出てください。

(参加費無料:人数が多い場合は2回にわけて実施予定)

 ※参加する生徒は、この日は5時半のバスで下校となりますので、保護者の方の許しを得て参加してください。(保護者迎えもOK)

<昨年度寮ナイトサークル、こんにゃく料理の様子>

 

0

第2回 豊かに根ざすくらしのSTUDY

第2回は2月4日木曜日の午後7時半から開催。

 今度はチョウザメ養殖の「㈱トヨネフィッシュファーマーズ」とスキーや芝桜でおなじみ「一般財財団法人茶臼山高原協会」です。

 もしかしたら、生徒の何人かはここで働いている未来を感じて、ぜひ前回以上の多くの生徒や保護者の皆様のご参加を期待しています。

 先日の生徒会企画、チョウザメ養殖見学では、なんとチョウザメのお腹を開いて、キャビアを見せていただいたり、加工したキャビアを試食したりさせていただきました。

 茶臼山ではオールシーズン、観光客が訪れることを期待して、四季折々を楽しむハイキングや、芝桜以外の植物も楽しめるような場所もできています。

0

生徒会主催「事業所訪問」 ~チョウザメ関連施設~

 12月24日、冬休み初日ですが、生徒会主催「事業所訪問」が行われました。今回は、チョウザメ関連施設です。

 職場体験は中止となってしまいましたが、チョウザメに興味のある生徒たちが参加しました。

 昨年度は、夏休みに四天王寺大学の学生さんをお招きしたとき、施設見学をしましたが、今回は、実際にお腹を切り開いて、キャビアを確認したり、キャビアを加工する施設を見学したりしました。

 最後には、試作品のキャビアを試食できたそうです。1瓶1万5千円ほどするそうです。

 なお、チョウザメもキャビアがとれる状態のものは○十万円ほどするそうです。

 来年度以降、豊根村の一大産業になりそうです。

非公開の写真については、グーグルクラスルームの方にアップします。

数年前にこれを始めた熊谷さんは、

「好きなことは続けられる」

「失敗の連続。失敗を自分のせいだと思える人は成功する。失敗を他人のせいだと思える人は成功しない。」

などの言葉をいただきました。

熊谷さんの弟子である協力隊のお二人。それから興味があって参加した十数名の生徒たち。チョウザメ養殖、キャビア生産が実現するのも、中学生も含め、人々の努力によるものだろうと予感させました。

なお、

「チョウザメが豊根村の人口をこえました。食べにきてください。」

というキャッチコピーが一躍有名になりましたが、それをツイートしてくださった、お笑い芸人「マヂカルラブリー村上さん」は、先日、M-1で優勝!今日の中日新聞には、「マヂカルラブリーM-1優勝に沸く地元 愛知出身の村上さん」という記事も掲載されていました。

0

スキークラブ参加がしやすくなりました!

 今シーズンからスキー部を廃止し、「豊根中学校スキークラブ」がスタートしました。部活動を社会体育に!という、まさにその流れです。

 1・2年生はもちろん、3年生も参加できます。(高校でも運動部で頑張りたい人など)

 1・2年生は、土曜日の11時に部活動が終了したら、そのまま学校からスキーライナーに乗車できます。

 そのため、朝、スキーのできる用意をして、お昼も弁当か財布をもって学校にくればよいと思います。

 保護者の皆さんにとっても、朝、学校に生徒を送り出せば、あとは帰りもスキーライナーで自宅まで帰ってこられるので、お昼の部活動の迎えも不要となり、大助かりだと思います。体力に自信のある生徒はぜひ、スキークラブにもチャレンジしてください。

<スキークラブに参加する上での注意>

・スキークラブのときのみ指導がありますが、行き帰りはすべて自分の責任で行動しましょう。

・バスの時刻を意識して、バスに乗り遅れて迷惑をかけることのないようにしましょう。

・万が一、バスに乗り遅れたり、昼食の準備を忘れたり、財布を落としたりしたときは、茶臼山高原の係や知っている大人の人に相談して助けてもらいましょう。

~スキークラブで、「自立」の精神を鍛えましょう~ ※写真は昨年度のスキー検定

0

天文教室大盛況!

 土星と木星が400年ぶりに再接近。しかも観測条件のよいのは800年ぶりだという日、天文教室を行いました。

 コミュニティスクール関連で、ボランティア登録してくださった青山さんを講師にお迎えしてお話を聞いたり、実際に天体望遠鏡や肉眼で観察したりしました。

 

天体望遠鏡でとらえた、木星と土星。木星は4つ衛星が見えます。土星は輪がみえました。露光が多くて、光がとんでいます。5時半に沈む直前です。山の木が写っています。

早く集まった一部の生徒はこの奇跡のような現象を天体望遠鏡で観察することができました。

 

0